625

www.youtube.com

ジャケがあんまりなのでCDで欲しい。

1曲目のクイーカが忙しなくて笑ってしまう。

 

キャロル・キングの『Rhymes and Reasons』のレコードを歌詞カードを見ながらじっくり聴いた。

単語が中高生でも分かるようなものばかりだけど、とても文学的で深みがある。

すべて本人が書いていると思いきや、トニー・スターンという人が4曲書いているようだ。

1曲だけ元夫のジェリー・ゲフィン。

歌詞カードを見ながら聴くのは良いものだなとたぶん初めて思った。

英語詩だからというのもあるかもしれないけど。

 

今日はずーっと答えの出ない考えごとをしてた。

行動だけが答えになる。

新聞社に就職した後輩の子をふと思い出した。

最近。

広告を非表示にする